人間感染の可能性も | フロントラインスポットオンでノミとダニを退治しよう!

フロントラインスポットオンでノミとダニを退治しよう!

人間感染の可能性も

透明とオレンジのカプセル

ダニはノミと比べると非常に大きな虫で、個体によっては1センチほどの大きさになるものも存在しています。
その為、身体の表面に噛みついて血を吸っているのを見つけるのも非常に簡単なのですが、もし噛みついているのを見つけた際には手やピンセットで除去しようとするのはやめましょう。

ダニの体内には「バベシア症」と呼ばれる病気の原因になる寄生虫が生息しています。
このバベシア症というのは「血液中の赤血球が寄生虫によって破壊される」という症状があり、発症後重症化してしまうと最悪の場合命を落としてしまう事もあるのです。
そしてバベシア症の原因となる寄生虫は「ダニの体を強く押すとダニの体から対象の体内に侵入する」という特性があるので、もし手やピンセットで除去してしまうと体の中にバベシア症の原因となる寄生虫を放出してしまう可能性もあるのです。

また、バベシア症は人間が発症することもあるので、ダニが生息している地域に犬と一緒に入り込んでしまい、犬も自分もダニに噛まれてしまうとペットと一緒にバベシア症になってしまう事もあります。
なので、人間のノミダニ対策もしっかりと行いつつ、ペットがダニに噛まれたときは専用の除去具を使用して除去を行う、もしくはフロントラインスポットオンのような駆除薬で駆除を行ってあげるようにしましょう!